趣味の音楽や動画サイトの翻訳をします

海外で行われるクラシック音楽のコンクールを見たり聴いたりするのが
好きで、アーティストの情報集めのため、コンクールの配信サイトを見ます。
Youcubeでアーティストの演奏動画を見る際も、少しでも情報が欲しくて
英文和訳をします。

おおまかな意味はとれるのですが、わからない単語は調べて、
自分なりに訳して理解した上で、翻訳ソフトを使って再度訳してみます。
グーグル翻訳を使っていますが、他にエキサイト翻訳、bingでも訳してみます。
いずれもフリーソフトですが、特にグーグル翻訳は、性能がアップし、
より丁寧な日本語に仕上がっている印象があります。
ただ、Youtubeのコメントのような、比較的短い一文を翻訳しても、
動画の内容と全く違う内容になることもあり、難しさを感じます。
自分の解釈と、3つのフリーソフトの訳を比べることで、より、原文への
解釈が深まっていくのがいいです。

和英も英和も訳し方は1つではありません。
実際、和訳された小説も違う訳者によるものが複数の出版社から出たりしています。
この訳者の本が好きといったような、好みの違いもはっきり表れるものです。
微妙なニュアンスの違いは、その文章を原語で書いた人でないとわからないとさえ
思ってしまいます。
でも、だからこそ、ネットで特に英語に触れる機会が多いと、「よし、訳してみよう!」
という気も起るものです。ちょっとしたサイトの和訳ですが、訳本ではなく、
自分の理解で翻訳する楽しみや、良い訳ができた時の達成感があります。