学生時代特有の外国語の翻訳体験は卒論

卒論で、外国語の論文一冊をまるまる翻訳しましたけれど、もうやりたくはないと思うぐらいに、非常に大変な作業でした。しかも、英語の問題集を翻訳したわけではなく、日本語の翻訳文が出ていない英語の論文を翻訳していったわけですから、「これで正解?本当にこれでいいの!?」と、不安に思いながらも進めたわけです。卒論での英語からの日本語訳になりますと、受験勉強の時のように、すぐに「答え」を見ることができないわけですから、そりゃあ不安にも感じるでしょう。

自分が専攻している学問における研究論文の英語訳だったのですが、まーあどう訳していいのかとまどいましたね。ですから、一度英語のワードを直訳していって、それで日本語でその意味に近い用語を使って文章を組み立てていくという感じですね。とにかくまあ骨の折れる作業でした。もちろんそれが卒業論文というものなのですが、今では時間もないわけですから、学生時代特有の外国語の翻訳体験ですね。